ハイタカの餌渡し(2019)

2020/04/13:№34
31/425番●ハイタカの餌渡し_1

この場所での餌渡しを予想して待機。間もなく♂が餌を持ち帰り、♀に渡す
「合図なのか鋭い声で」鳴く。

31-425_(2019)_01-07-05_ハイタカ_169_餌渡し_1_5S9641.jpg

2020/04/13:№35
31/426番●ハイタカの餌渡し_2

この画像から「♀が近くにいる」ことを感じている様子。

31-426_(2019)_01-07-05_ハイタカ_170_餌渡し_2_D5S9644.jpg

2020/04/13:№36
31/427番●ハイタカの餌渡し_3

♂は、今にでも「退避」するよな姿勢。

31-427_(2019)_01-07-05_ハイタカ_171_餌渡し_3_D5S9645.jpg

2020/04/13:№37
31/428番●ハイタカの餌渡し_4

♂は、「退避」する姿勢を強める。

31-428_(2019)_01-07-05_ハイタカ_172_餌渡し_4_D5S9647.jpg

2020/04/13:№38
31/429番●ハイタカの餌渡し_5

高所から♀が現れる。

31-429_(2019)_01-07-05_ハイタカ_173_餌渡し_5_D5S9648.jpg

2020/04/13:№39
31/430番●ハイタカの餌渡し_6

♂は、餌からはなれ退避の体制、♀の形相(?)は迫力満点、凄い速さで餌
をめがけ。。。

31-430_(2019)_01-07-05_ハイタカ_174_餌渡し_6_D5S9649.jpg

2020/04/13:№40
31/431番●ハイタカの餌渡し_7

餌渡しの瞬間!
♂が退避するのは、おそらく「餌渡しによるケガ」の防止からの習性と思い
ます。

31-431_(2019)_01-07-05_ハイタカ_175_餌渡し_7_D5S9650.jpg

2020/04/13:№41
31/432番●ハイタカの餌渡し_8

♂は餌渡しを終えて無事退避、♀は鋭い爪で餌を確保、この後、すぐに「抱卵
場所」に戻る。この一瞬の餌渡しの壮絶さ、凄さは初めての経験でした。日常
いつも、この様な餌渡しが行われいることは、野鳥とは言え、番い愛・子育て
の絆はすごく強いものと感じました。

31-432_(2019)_01-07-05_ハイタカ_176_餌渡し_8-1_D5S9651.jpg

白エゾリス「アルビノ」の家族

2020/04/13:№1
31/346番●白リス「アルビノ」の家族_1

非常に稀少な「白いエゾリス」アルビノを撮影することが出来ました。撮影は
マナー厳守。今回もなかなか出現してくれず、期待も薄れて帰路につく時間帯
が迫る。と、その時、通りかかった方が「こちらの方です」と情報をいただき
影が出来ました。本当に親切な方で、有難うございました。
アルビノの動きが速く、なかなかピンが取れず苦労しました。

31-346_(2019)_01-06-27_白リス_1_D5S5492.gif

2020/04/13:№2
31/347番●白リス「アルビノ」の家族_2

この時期は子育てが終わったのか・どうか分かりませんが最初は単独での行動
でした。

31-347_(2019)_01-06-27_白リス_2_D5S5510.gif

2020/04/13:№3
31/348番●白リス「アルビノ」の家族_3

そのうち、子リス数匹現れましが、仲良くじゃれ合っていましたので、おそらく
「親子」と思われます。

31-348_(2019)_01-06-27_白リスの親子(合成)_2_D5S5562.gif

2020/04/13:№4
31/349番●白リス「アルビノ」の家族_4

31-349_(2019)_01-06-27_白リスの親子(合成)_4.gif

2020/04/13:№5
31/350番●白リス「アルビノ」の家族_5

31-350_(2019)_01-06-27_白リス_5_D5S5586.jpg

2020/04/13:№6
31/351番●白リス「アルビノ」の家族_6

31-351_(2019)_01-06-27_白リス_6_D5S5600.jpg

2020/04/13:№7
31/352番●白リス「アルビノ」の家族_7

31-352_(2019)_01-06-27_白リス_7_D5S5610.jpg

2020/04/13:№8
31/353番●白リス「アルビノ」の家族_8

31-353_(2019)_01-06-27_白リス_8_D5S5645.jpg

2020/04/13:№9
31/354番●白リス「アルビノ」の家族_9

31-354_(2019)_01-06-27_白リス_9_D5S5646.jpg

2020/04/13:№10
31/355番●白リス「アルビノ」の家族_10

31-355_(2019)_01-06-27_白リス_10_D5S5650.jpg

2020/04/13:№11
31/356番●白リス「アルビノ」の家族_11

31-356_(2019)_01-06-27_白リス_11_D5S5653.jpg

2020/04/13:№13
31/358番●白リス「アルビノ」の家族_13

31-358_(2019)_01-06-27_白リス_13_D5S5691.jpg

2020/04/13:№14
31/359番●白リス「アルビノ」の家族_14

31-359_(2019)_01-06-27_白リス_14_D5S5703.jpg

2020/04/13:№15
31/360番●白リス「アルビノ」の家族_15

31-360_(2019)_01-06-27_白リス_15_D5S5717.jpg

2020/04/13:№16
31/361番●白リス「アルビノ」の家族_16

31-361_(2019)_01-06-27_白リス_16_D5S5812.jpg

2020/04/13:№17
31/362番●白リス「アルビノ」の家族_17

31-362_(2019)_01-06-27_白リス_17_D5S5825.jpg

2020/04/13:№18
31/363番●白リス「アルビノ」の家族_18

31-363_(2019)_01-06-27_白リス_18_D5S5832.jpg

2020/04/13:№19
31/364番●白リス「アルビノ」の家族_19

31-364_(2019)_01-06-27_白リス_19_D5S6198.jpg

2020/04/13:№20
31/365番●白リス「アルビノ」の家族_20

31-365_(2019)_01-06-27_白リス_20_D5S6267.jpg

2020/04/13:№21
31/366番●白リス「アルビノ」の家族_21

31-366_(2019)_01-06-27_白リス_21_D5S6334.jpg

2020/04/13:№22
31/367番●白リス「アルビノ」の家族_22

31-367_(2019)_01-06-27_白リス_22_D5S6456.jpg

2020/04/13:№23
31/368番●白リス「アルビノ」の家族_23

31-368_(2019)_01-06-27_白リス_23_D5S6475.jpg

2020/04/13:№24
31/369番●白リス「アルビノ」の家族_24

以下の画像はアルビノの子リスと思います。

31-369_(2019)_01-06-27_白リス_24_D5S6481.jpg

2020/04/13:№26
31/371番●白リス「アルビノ」の家族_25

31-371_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_2_D5S5407.jpg

2020/04/13:№28
31/373番●白リス「アルビノ」の家族_28

31-373_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_4_D5S5426.jpg

2020/04/13:№29
31/374番●白リス「アルビノ」の家族_29

31-374_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_5_D5S5438.jpg

2020/04/13:№30
31/375番●白リス「アルビノ」の家族_30

31-375_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_6_D5S5467.jpg

2020/04/13:№31
31/376番●白リス「アルビノ」の家族_31

31-376_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_7_D5S5459.jpg

2020/04/13:№32
31/377番●白リス「アルビノ」の家族_32

31-377_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_8_D5S6518.jpg

2020/04/13:№33
31/378番●白リス「アルビノ」の家族_33

今日は親切なお方のお陰で、白エゾリス「アルビノ」を楽しく撮影することが
出来ました。

31-378_(2019)_01-06-27_白リス_子リス_9_D5S6573.jpg

芝桜と羊蹄山の風景

2020/04/11:№42
31/197番●羊蹄山と芝桜・花々の風景_1

この年の「三島さんの芝桜公園」も、又、素晴らしい創作でした。芝桜のすば
らしい色合い、配色に巻雲が花を添えていました。これも、三島さんのご努力
で創作され、無料で鑑賞提供されているからこそ、思う存分撮影が出来たもの
です。三島さんに感謝・感謝です。

31-197_(2019)_01-05-29_羊蹄山と芝桜_1_D4S4331.gif


2020/04/11:№43
31/198番●羊蹄山と芝桜・花々の風景_2

31-198_(2019)_01-05-29_羊蹄山と芝桜_2_D4S4342.gif

2020/04/11:№44
31/199番●羊蹄山と芝桜・花々の風景_3

31-199_(2019)_01-05-29_羊蹄山と芝桜_3_D7D6057.gif

2020/04/11:№45
31/200番●羊蹄山と芝桜・花々の風景_4

31-200_(2019)_01-05-29_羊蹄山と芝桜_4_D7D6061_.gif

2020/04/11:№46
31/201番●羊蹄山と芝桜・花々の風景_5

31-201_(2019)_01-05-29_羊蹄山と芝桜_5_D7D6066.gif

2020/04/11:№47
31/202番●羊蹄山と芝桜・花々の風景_6

31-202_(2019)_01-05-29_羊蹄山と芝桜_6_D4S4334.gif



水田の逆さ羊蹄山

2020/04/11:№33
31/188番●早春の残雪羊蹄山の風景_1

この日は「水田の逆さ羊蹄山」を狙いましたが、運よく晴天、微風の最高の
気象条件でした。残雪の逆さ羊蹄山が、田植したばかりの「水稲」の中に浮
かぶ情景は、今でも目に焼き付いています。

31-188_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山と水田_1_D7D5983.gif

2020/04/11:№34
31/189番●早春の残雪羊蹄山の風景_2

31-189_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山と水田_2_D7D6015.gif

2020/04/11:№35
31/190番●早春の残雪羊蹄山の風景_3

31-190_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山と水田_3_D7D6028.gif

2020/04/11:№36
31/191番●早春の残雪羊蹄山の風景_4

31-191_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山と水田_4_D7D6004.gif

2020/04/11:№37
31/192番●早春の残雪羊蹄山の風景_5

場所を変え「タンポポと残雪の羊蹄山」撮影に出向く。
残念ながら「タンポポ」は綿毛の終りに近い状態でしたが、青空と「巻雲」
が出迎えてくれました。
巻雲の流れと白雲に堪能した1日でもありました。31-192_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山とタンポポ_1_D4S4474.gif

2020/04/11:№38
31/193番●早春の残雪羊蹄山の風景_6

31-193_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山とタンポポ_2_D4S4483.gif

2020/04/11:№39
31/194番●早春の残雪羊蹄山の風景_7

31-194_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山とタンポポ_3_D4S4499.gif

2020/04/11:№40
31/195番●早春の残雪羊蹄山の風景_8

31-195_(2019)_01-05-29_逆さ羊蹄山とタンポポ_4_D4S4494.gif

2020/04/11:№41
31/196番●早春の残雪羊蹄山の風景_9

帰路途中の撮影。星景撮影のポイントなる。

31-196_(2019)_01-05-29_羊蹄山と清流_1_D7D6144.gif

ハイタカの子育て物語(2019)

2020/04/11:№26
31/167番●ハイタカの子育て物語_1

「ハイタカの子育て物語」
抱卵から幼鳥の旅たち迄、約3カ月間撮影したものを「ハイタカの子育て物語」
の動画(静止画で)を作成中です。今回は、とりあえず摘便に静止画をアップ
します。以下の画像は抱卵中の番い出会いです。

31-167_(2019)_01-05-15_ハイタカ_営巣_3_D5S0475.gif

2020/04/11:№27
31/168番●ハイタカの子育て物語_2

31-168_(2019)_01-05-16_ハイタカ_営巣_4_D5S0487.gif

2020/04/11:№28
31/169番●ハイタカの子育て物語_3

31-169_(2019)_01-05-16_ハイタカ_営巣_5_D5S0504.gif

2020/04/11:№29
31/170番●ハイタカの子育て物語_4

31-170_(2019)_01-05-16_ハイタカ_営巣_6_D5S0658.gif

2020/04/11:№30
31/171-1番●ハイタカの子育て物語_5

31-171_(2019)_01-05-16_ハイタカ_営巣_7_D5S1090.jpg

2020/04/11:№31
31/183番●ハイタカの子育て物語_6

31-183_(2019)_01-05-16_ハイタカ_営巣_8_D5S1444.gif

2020/04/11:№32
31/184番●ハイタカの子育て物語_7

餌渡しです。この餌渡しも、ほんの一瞬で「ただシャッターボタン」
押すのみで、なかなかピンが取れないものです。

31-184_(2019)_01-05-16_ハイタカ_営巣_9_給餌_D5S1254.gif

早春のヤマセミ

2020/04/11:№14
31/171番●早春のヤマセミ_1

早春のヤマセミ
桜を背景に撮影を狙いました。5時間ほど待機しての撮影でした。

31-171_(2019)_01-05-16_ヤマセミ_1_紅桜公園_D5S9803.gif

2020/04/11:№15
31/172番●早春のヤマセミ_2

31-172_(2019)_01-05-16_ヤマセミ_1_紅桜公園_D5S9803.gif

2020/04/11:№16
31/173番●早春のヤマセミ_3

31-173_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_2_紅桜公園_D5S9812.gif

2020/04/11:№17
31/174番●早春のヤマセミ_4

31-174_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_3_紅桜公園_D5S9815.gif

2020/04/11:№18
31/175番●早春のヤマセミ_5

31-175_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_4_紅桜公園_D5S9820.gif

2020/04/11:№19
31/176番●早春のヤマセミ_6

31-176_(2020)_01-05-17_ヤマセミ_5_紅桜公園_D5S9834.gif

2020/04/11:№22
31/179番●早春のヤマセミ_9

31-179_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_8_紅桜公園_D5S9888.gif

2020/04/11:№23
31/180番●早春のヤマセミ_10

31-180_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_9_紅桜公園_D5S9686.gif

2020/04/11:№24
31/181番●早春のヤマセミ_11

31-181_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_10_紅桜公園_D5S9749.gif

2020/04/11:№25
31/182番●早春のヤマセミ_12

31-182_(2019)_01-05-17_ヤマセミ_11_紅桜公園_D5S9764.gif

小樽の夜景と星景

2020/04/11:№10
31/161番●小樽天狗山の夜景_1

小樽天狗山からの星景&夜景の撮影。
大木の桜と小樽の夜景&★空の撮影でしたが、観光客のライト等で深夜までの
強行撮影になりました。
この画像は「120秒露出」撮影。

31-161_(2019)_31-0513_小樽天狗山の星景(一発撮り静止画-120秒)_D7D5630.gif

2020/04/11:№11
31/162番●小樽天狗山の夜景_2

この画像は「180秒露出」撮影。

31-162_(2019)_1-05-13_小樽天狗山の星景(一発撮り静止画-180秒)D7D5628.gif

2020/04/11:№12
31/163-1番●小樽天狗山の夜景_3

この画像は「100枚」撮影し比較明合成。

31-163_(2019)_31-05-13_小樽天狗山の星景(比較明合成-Photo.gif

2020/04/11:№13
31/163-2番●小樽天狗山の夜景_4

この画像は「250枚」撮影し比較明合成。

31-163_(2019)_31-05-13_小樽天狗山の星景_2(比較明合成-Photo.gif

桜と残雪の羊蹄山・巻積雲の風景

2020/04/11:№5
31/156番●早春の望洋の丘風景_1

望洋の丘の風景
1本の桜の木と残雪の羊蹄山が天空に映えるベスト条件の撮影。
更に、春&秋に多いといわれる「巻積雲」にも恵まれました。
「巻積雲が残雪の羊蹄山の頂上から発しているような感じでした」

31-156_(2019)_31-05-11_望洋の丘_1本の桜と残雪の羊蹄山_D4S4121.gif

2020/04/11:№6
31/157番●早春の望洋の丘風景_2

31-157_(2019)_31-05-11_望洋の丘_残雪の羊蹄山と桜_(京極)D4S4128.gif

2020/04/11:№7
31/158番●早春の望洋の丘風景_3

31-158_(2019)_31-05-11_望洋の丘_残雪の羊蹄山と桜_(京極)_D4S4096.gif

2020/04/11:№8
31/159番●早春の望洋の丘風景_4

31-159_(2019)_31-05-11_望洋の丘_残雪の羊蹄山と桜_(京極)_D4S4102.gif

2020/04/11:№9
31/160番●早春の望洋の丘風景_5

31-160_(2019)_31-05-11_望洋の丘_残雪の羊蹄山と桜_(京極)_D4S4111.gif

残雪の羊蹄山と房状雲(巻雲?)

2020/04/11:№1
31/152番●早春の羊蹄山の風景_1

残雪の羊蹄山風景「旧ゴルフコース跡」
当日は好天に恵まれ、天空に素晴らしい白雲(房状雲・巻雲・巻積雲・高積雲)
の流れがあり、十分楽しみながらの撮影が出来ました。
今回は変化を楽しむためにフィッシュアイレンズで撮影。

31-152_(2019)_31-04-28_残雪の羊蹄山_D4S3614.gif

2020/04/11:№2
31/153番●早春の羊蹄山の風景_2

31-153_(2019)_31-04-28_残雪の羊蹄山(喜茂別)_D4S3647.gif

2020/04/11:№3
31/154番●早春の羊蹄山の風景_3

31-154_(2019)_31-04-28_残雪の羊蹄山(喜茂別)_D4S3641.gif

2020/04/11:№4
31/155番●早春の羊蹄山の風景_4

31-155_(2019)_31-04-28_残雪の羊蹄山(喜茂別)_D4S3610.gif

逆さ_残雪の羊蹄山の星景

2020/04/10:№37
31/115番●逆さ羊蹄山の風景_1

夕陽に染まる「残雪の羊蹄山と逆さ羊蹄山」を撮影すべく、時間の余裕をもって
出かける。しかし、途中渋滞に巻き込まれ大幅に時間を費やしたために
「夕焼けのピーク」の撮影を逸してしましました。
何とか、撮影出来たのが以下の2枚です。

31-115_(2019)_31-04-14_残雪の逆さ羊蹄山(31-04-13)_D4S2122.jpg

2020/04/10:№38
31/116番●逆さ羊蹄山の風景_2

31-116_(2019)_31-04-14_残雪の逆さ羊蹄山(31-04-13).gif

2020/04/10:№39
31/117番●逆さ羊蹄山の風景_3

星景撮影出来るまで待機、風は無風、湖面は「鏡状態」になり、逆さ羊蹄山と
星の映り込みも確認、連写体制に入る。素晴らしい情景でした。
この画像は「フィッシュアイレンズ」で撮影の静止画。

31-117_(2019)_31-04-14_残雪の逆さ羊蹄山(魚眼)_(31-04-13_D4S2150.gif

2020/04/10:№40
31/118_1番●逆さ羊蹄山の風景_4


この画像は「フィッシュアイレンズで100枚」撮影の静止画を比較明合成した
画像です。

31-118_3_(2019)_31-04-14_残雪の逆さ羊蹄山(魚眼)_動画_(31-04-13).gif

2020/04/10:№41
31/119_2番●逆さ羊蹄山の風景_5

この画像は「24㎜レンズで100枚」撮影の静止画を比較明合成した画像。

31-119_(2019)_31-04-14_残雪の逆さ羊蹄山_静止画_(31-04-13).gif

2020/04/10:№42
31/121番●逆さ羊蹄山の風景_6


この画像は「フィッシュアイレンズ」で撮影の静止画。

31-121_(2019)_31-04-14_残雪の逆さ羊蹄山(魚眼)_(31-04-13)_D4S2933.gif



天狗山の星景

2020/04/10:№20
31/044番  ●天狗山と星景_1

厳冬期の天狗山の雄姿(自分では、そう思っています)
この雄姿を前面に置き「星景」撮影をしたのが以下の画像です。
画像は同じように見えますが「合成枚数&比較明不透明度」の違いがあります。

31-044_(2019)_31-01-27_冬の天狗山風景(JPG)_DSC2382.jpg

2020/04/10:№21
31/079_3番  ●天狗山と星景_2

画像120枚合成&不透明度2%の処理画像で星の軌道をソフトに仕上げました。

31-079_3_(2019)_31-03-02_天狗山の星景_比較合成_静止画)_不透明度2パーセント(120枚)D750.gif

2020/04/10:№22
31/079_4番  ●天狗山と星景_3

画像60枚合成&不透明度2%の処理画像で星の軌道をソフトに仕上げました。

31-079_4_(2019)_31-03-02_天狗山の星景_比較合成_静止画)_不透明度2パーセント(60枚)_D750.gif

2020/04/10:№23
31/079_5番  ●天狗山と星景_4

画像50枚を比較明合成処理した画像。

31-079_5_(2019)_31-03-02_天狗山の星景_比較合成_静止画)_不透明度2パーセント(50枚)_D750.gif

2020/04/10:№24
31/079_6番  ●天狗山と星景_5

画像30枚合成&不透明度2%の処理画像で星の軌道をソフトに仕上げました。

31-079_6_(2019)_31-03-02_天狗山の星景_比較合成_静止画)_不透明度2パーセント(30枚)_D750.gif

2020/04/10:№25
31/080_1番  ●天狗山と星景_6

画像200枚を比較明合成処理した画像。

31-080_1_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画)_D750.gif

2020/04/10:№26
31/080_2番  ●天狗山と星景_7

動画画像を「静止画」に変換処理した画像。

31-080_2_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_不透明度静止画)_D750.gif

2020/04/10:№27
31/081_1番  ●天狗山と星景_8

画像200枚を比較明合成処理した画像(D4sでの撮影)。

31-081_1_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_D4s.gif

2020/04/10:№28
31/081_2番  ●天狗山と星景_9

画像200枚を比較明合成処理した画像(D4sでの撮影)
撮影中通行車両の「射光」が入った画像。

31-081_2_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_D4s.gif

2020/04/10:№29
31/081_7番  ●天狗山と星景_10

動画画像を「静止画」に変換処理した画像。

31-081_7_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_D4s.gif

2020/04/10:№30
31/081_8番  ●天狗山と星景_11

動画画像を「静止画」に変換処理した画像。

31-081_8_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画)_動画より_D4s.jpg

2020/04/10:№31
31/081_9番  ●天狗山と星景_12

動画画像を「静止画」に変換処理した画像。

31-081_9_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画)_動画より_D4s.gif

2020/04/10:№32
31/083_1番  ●天狗山と星景_13

フィッシュアイレンズで撮影画像

31-083_1_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_魚眼レンズ_D750_.gif

2020/04/10:№33
31/083_2番  ●天狗山と星景_14

画像200枚を比較明合成処理した画像(D4sでの撮影)
撮影中通行車両の「射光」が入った画像。

31-083_2_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_魚眼レンズ_D750_.gif

2020/04/10:№34
31/083_3番  ●天狗山と星景_15

画像200枚を比較明合成処理した画像(D4sでの撮影)。
撮影中通行車両の「射光」が入った画像。

31-083_3_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_魚眼レンズ_D750_.gif

2020/04/10:№35
31/083_4番  ●天狗山と星景_16

画像200枚を比較明合成処理した画像(D4sでの撮影)。
撮影中通行車両の「射光」が入った画像。

31-083_4_(2019)_31-03-04_天狗山の星景_比較合成_静止画_魚眼レンズ_D750_.gif

2020/04/10:№36
31/084_1番  ●天狗山と星景_17

画像300枚を比較明合成処理した画像(D4sでの撮影)。
撮影中通行車両の「射光」が入った画像。

31-084_1_(2019)_31-03-08_天狗山の星景_「比較明合成静止画」_(1467-1767_300枚合成).jpg











キクイタダキ

2020/04/10:№16
31/059番  ●キクイタダキ_1

シマエナガ撮影時に松の枝から「チョコント」姿を見せる。

31-059_(2019)_31-02-11_キクイタダキ(真駒内・アイス)_DSC4508.jpg

2020/04/10:№17
31/071番  ●キクイタダキ_2

31-071_(2019)_31-02-11_キクイタダキ(真駒内・アイス)_DSC4510.jpg

2020/04/10:№18
31/072番  ●キクイタダキ_3

31-072_(2019)_31-02-11_キクイタダキ(真駒内・アイス)_DSC4447.jpg

2020/04/10:№19
31/073番  ●キクイタダキ_4

31-073_(2019)_31-02-11_キクイタダキ(真駒内・アイス)_DSC4509.jpg

モモンガの春

2020/04/10:№1
31/066番  ●エゾモモンガ_1

モモンガ撮影は早朝から開始するも露出不足で不可。時間をおいて辺りが明る
くなってからの撮影。
以下の画像は撮影日及び撮影時間帯が夫々違います。

31-066_(2019)_31-02-15_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC4607.jpg

2020/04/10:№2
31/067番  ●エゾモモンガ_2

31-067_(2019)_31-02-15_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC4622.jpg

2020/04/10:№3
31/068番  ●エゾモモンガ_3

31-068_(2019)_31-02-15_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC4616.jpg

2020/04/10:№4
31/069番  ●エゾモモンガ_4

31-069_(2019)_31-02-15_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC4721.jpg

2020/04/10:№5
31/070番  ●エゾモモンガ_5

31-070_(2019)_31-02-15_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC4722.jpg

2020/04/10:№6
31/074番  ●エゾモモンガ_6

31-074_(2019)_31-02-22_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC5408.jpg

2020/04/10:№7
31/075番  ●エゾモモンガ_7

31-075_(2019)_31-02-25_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC5643.jpg

2020/04/10:№8
31/076番  ●エゾモモンガ_8

31-076_(2019)_31-02-25_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC5716.jpg

2020/04/10:№9
31/077番  ●エゾモモンガ_9

31-077_(2019)_31-02-25_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC5841.jpg

2020/04/10:№10
31/078番  ●エゾモモンガ_10

31-078_(2019)_31-02-25_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC5884.jpg

2020/04/10:№11
31/082番  ●エゾモモンガ_11

約30分位、このスタイルで。

31-082_(2019)_31-02-25_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC5939.gif

2020/04/10:№12
31/097番  ●エゾモモンガ_12

恋物語の合間の画像(恋物語画像は割愛)
以下同

31-097_(2019)_31-03-09_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC7117.gif

2020/04/10:№13
31/098番  ●エゾモモンガ_13

31-098_(2019)_31-03-09_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC7114.gif

2020/04/10:№14
31/099番  ●エゾモモンガ_14

31-099_(2019)_31-03-09_エゾモモンガ(西岡公園)_DSC7102.gif

2020/04/10:№15
31/100番  ●エゾモモンガ_15

31-100_(2019)_31-03-09_エゾモモンガ(西岡公園)_1_DSC7025.gif

シマエナガの表情

2020/4/9:№29
31/052番●シマエナガ_1

シマエナガの撮影は「降雪直後の雪原」をかき分けての強行軍で疲れました。
撮影するポイントとして可能な限り「背景の抜け」を考えて撮影しました。

31-052_(2019)_31-02-10_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC2552.jpg

2020/4/9:№30
31/053番●シマエナガ_2

31-053_(2019)_31-02-10_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC2557_2.jpg

2020/4/9:№31
31/054番●シマエナガ_3

31-054_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC4578.jpg

2020/4/9:№32
31/055番●シマエナガ_4

31-055_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC4287.jpg

2020/4/9:№33
31/056番●シマエナガ_5

31-056_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC4241.jpg

2020/4/9:№34
31/057番●シマエナガ_6

31-057_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC4224.jpg

2020/4/9:№35
31/058番●シマエナガ_7

31-058_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC3805.jpg

2020/4/9:№36
31/060番●シマエナガ_8

31-060_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC2871.jpg

2020/4/9:№37
31/061番●シマエナガ_9

31-061_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC2968.jpg

2020/4/9:№38
31/062番●シマエナガ_10

31-062_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC2996.jpg

2020/4/9:№39
31/063番●シマエナガ_11

31-063_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC3012.jpg

2020/4/9:№40
31/064番●シマエナガ_12

31-064_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC3579.jpg

2020/4/9:№41
31/065番●シマエナガ_13

31-065_(2019)_31-02-11_シマエナガ(真駒内・アイス)_DSC3187.jpg

2020/4/9:№42
31/101番●シマエナガ_14

31-101_(2019)_31-03-31_シマエナガ_(真駒内・31-02-10)_DSC2465.gif

2020/4/9:№43
31/102番●シマエナガ_15

31-102_(2019)_31-03-31_シマエナガ_(真駒内・31-02-10)_DSC2555.gif

2020/4/9:№44
31/103番●シマエナガ_16

31-103_(2019)_31-03-31‗シマエナガ_(真駒内・31-02-11)_DSC3926.gif

2020/4/9:№45
31/104番●シマエナガ_17

31-104_(2019)_31-03-31_シマエナガ_(真駒内・31-02-11)_DSC3924.gif

2020/4/9:№46
31/105番●シマエナガ_18

31-105_(2019)_31-03-31_シマエナガ_(真駒内・31-02-11)_DSC4210.gif

2020/4/9:№47
31/106番●シマエナガ_19

31-106_(2019)_31-03-31_シマエナガ_(真駒内・31-02-11)_DSC4219.gif

2020/4/9:№48
31/108番●シマエナガ_20

31-108_(2019)_31-04-02_シマエナガ(生振・31-02-22)現像画像_DSC5296.gif



厳寒期&早春のヒヨドリ

2020/4/9:№21
31/015番●ヒヨドリ_1

厳冬を逞しく・・・

31-015_(2009)_21-12-19_ヒヨドリ_降雪の中で_AAC9275.jpg

2020/4/9:№22
31/016番●ヒヨドリ_2

遭遇・・・

31-016_(2009)_21-12-18_ヒヨドリ_降雪の中で_AAC2647.jpg

2020/4/9:№23
31/024番●ヒヨドリ_3

31-024_(2012)_24-01-16_ヒヨドリ_KOK0218.gif

2020/4/9:№24
31/032番●ヒヨドリ_3

桜に似合う「ヒヨドリ」

31-032_(2012)_24-05-10_ヒヨシドリとサクラ_AAC5927.jpg

2020/4/9:№25
31/033番●ヒヨドリ_4

31-033_(2012)_24-05-10_ヒヨシドリとサクラ_AAC5937.jpg

エゾリスの戯れ

2020/4/9:№16
31/010番●エゾリス_1

雪遊び中でしょうか?盛んに雪中を飛び回っていました。

31-010_(2009)_21-12-20_エゾリス_雪遊び_AAC3471.jpg

2020/4/9:№17
31/012番●エゾリス_2

この「ポーズ」から「カメラ目線」にありますね。
エゾリスの親しみ感が漂います。

31-012_(2009)_21-12-13_エゾリスの雪遊び.jpg

2020/4/9:№18
31/014番●エゾリス_3

今日は・・・何か、問いかけているようですね。

31-014_(2009)_12-12-25_エゾリスの雪遊び.jpg

2020/4/9:№19
31/017番●エゾリス_4

31-017_(2009)_21-12-20_エゾリス_雪遊び_AAC2311.jpg

2020/4/9:№20
31/018番●エゾリス_5

雪が美味しそう?

31-018_(2009)_21-12-20_エゾリス_雪遊び_AAC2321.jpg

ハイイロチュウの狩り

2020/4/9:№09
31/009番●ハイイロチュウの狩り_1

ハイイロチュウヒ(?)と思うのですが。
盛んに狩りをしているようでしたが、捕獲時の撮影は出来ませんでした。
「尾羽」が非常に綺麗。

31-009_(2019)_31-01-10_ハイイロチュウヒ_DSC1096.jpg

2020/4/9:№10
31/038番●ハイイロチュウの狩り_2

31-038_(2019)_31-01-19_ハイイロチュウヒ_鵡川_DSC1778.jpg

2020/4/9:№11
31/039番●ハイイロチュウの狩り_3

31-039_(2019)_31-01-19_ハイイロチュウヒ_鵡川_DSC2073.jpg

2020/4/9:№12
31/040番●ハイイロチュウの狩り_4

31-040_(2019)_31-01-19_ハイイロチュウヒ_鵡川_DSC2113.jpg

2020/4/9:№13
31/041番●ハイイロチュウの狩り_5

31-041_(2019)_31-01-19_ハイイロチュウヒ_鵡川_DSC2115.jpg

2020/4/9:№14
31/042番●ハイイロチュウの狩り_6

31-042_(2019)_31-01-19_ハイイロチュウヒ_鵡川_DSC2073.jpg

2020/4/9:№15
31/043番●ハイイロチュウの狩り_7

31-043_(2019)_31-01-19_ハイイロチュウヒ_鵡川_DSC2072.jpg

コミミズクの飛翔

2020/4/9 №01
31/001番●コミミズクの飛翔_1

2019年元旦から「コミミズク」撮影に鵡川に向かう。
1月は9回向かいましたが、撮影出来た(確認)画像は以下の通りです。
運が無いのか、如何か分かりませんが近くに来てくれません。
遠くに飛来したものです。(以下の画像は思い切りトリミングしたものです)
以後は止む無く撮影断念しました。

31-001_(2019)_31-01-10_コミミズクの飛翔_DSC1274.jpg

2020/4/9 №02
31/002番●コミミズクの飛翔_2

31-002_(2019)_31-01-10_コミミズクの飛翔_DSC1275.jpg

2020/4/9 №03
31/003番●コミミズクの飛翔_3

31-003_(2019)_31-01-10_コミミズクの飛翔_DSC1276.jpg

2020/4/9 №04
31/004番●コミミズクの飛翔_4

31-004_(2019)_31-01-10_コミミズクの飛翔_DSC1277.jpg

2020/4/9 №05
31/005番●コミミズクの飛翔_5

31-005_(2019)_31-01-10_コミミズクの飛翔_DSC1278.jpg

2020/4/9 №06
31/006番●コミミズクの飛翔_6

31-006_(2019)_31-01-10_コミミズクの飛翔_DSC1279.jpg

2020/4/9 №07
31/007番●コミミズク_7

31-008_(2019)_31-01-10_コミミズク_DSC1497.jpg

2020/4/9 №08
31/008番●コミミズク_8

31-008_(2019)_31-01-10_コミミズク_DSC1497.jpg

望岳台のナキウサギ

2020/4/8 №30
30/200 ● 望岳台のナキウサギ

当日は望岳台の「ナナカマド」の紅葉の中に「ナキウサギ」を
撮りこむべく終日狙いました撮影画像です。なかなか思う場所に
出てくれません。

200_(2018)_30-10-14_望岳台のナキウサギ_紅葉_DSC0591.jpg

2020/4/8 №31
30/212 ● 望岳台のナキウサギ

今日は晴天に恵まれたので「高い場所」からの撮影にしました。
逆光が非常にきれいでしたので「樹木葉の朝露」を
バックに朝露ボケを狙い撮影。

212_(2018)_30-10-26_望岳台のナキウサギ_KKK0224_逆光(朝露の水玉が良い).jpg

2020/4/8 №33
30/214 ● 望岳台のナキウサギ
                
貯食行動中に「スローシャッター」(40/1)で数枚テスト撮影した中の
1枚です。胴体はコマの回転のようですが「目」に何とかピンが撮れていました。

214_(2018)_30-10-26_望岳台のナキウサギ_DSC0798_スローシャッター(目にピン).jpg

2020/4/8 №34
30/216 ● 望岳台のナキウサギ

今日は天候の移り変わりが多い不安定な日でした。狙っていた場所に
ナキウサギが「あらわれたその時に一筋の光」が射してくれました。
ナキウサギは「水は飲まない」と聞いていましたが、この場所で飲んだ
ようです。

216_(2018)_30-10-26_望岳台のナキウサギ_DSC0846_岩皿水でのポーズ.jpg

2020/4/8 №35
30/217 ● 望岳台のナキウサギ
                
217_(2018)_30-10-26_望岳台のナキウサギ_DSC0902_岩皿水でのポーズ.jpg

2020/4/8 №36
30/218 ● 望岳台のナキウサギ
                
お好みの「お立ち台」で。

218_(2018)_30-10-26_望岳台のナキウサギ_何を想う_KKK0238.jpg

2020/4/8 №37
30/219 ● 望岳台のナキウサギ
               
この場所もお好みの「お立ち台」でしょうか?

219_(2018)_30-10-26_望岳台のナキウサギ_何を想う_KKK0246_2.jpg




                


然別の湖のキツネ

2020/4/8 №38
30/205● 然別の湖のキツネ

撮影場所を散策中に出会ったキツネ君。
あまりにも「立派な尻尾」でしたね。
でも、威嚇するような眼差しを向けていました。

205_(2018)_30-10-12_然別湖のキツネ_DSC0096.jpg

2020/4/8 №39
30/206● 然別の湖のキツネ

206_(2018)_30-10-12_然別湖のキツネ_DSC0096_DSC0138.jpg

石狩灯台の星風景

2020/4/8 №27
30/188 ● 石狩灯台の星風景

当日は「月例20.7」明るい星空でしたが、空の青みと星軌道の
線状を考えて100枚静止画を撮影、比較明合成した画像です。

188_(2018)_30-09-01_石狩灯台の満天の星風景(100枚).jpg

2020/4/8 №28
30/189 ● 石狩灯台の星風景

当日は「月例20.7」星空を600枚静止画を撮影、比較明合成した
画像です。

189_(2018)_30-09-01_石狩灯台の満天の星風景.jpg

2020/4/8 №29
30/192 ● 石狩灯台の星風景

192_(2018)_30-09-11_石狩灯台と満天の星風景(600枚合成画).jpg

アオバズクの「愛くるしい幼鳥」

2020/4/8 №18
30/168 ● アオバズク

アオバズクの「愛くるしい幼鳥」のしぐさをまとめてみました。

168_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟の世界)_DSC5412.jpg

2020/4/8 №19
30/169 ● アオバズク

169_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟の世界)_DSC5528.jpg

2020/4/8 №20
30/170 ● アオバズク

30-170_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟の世界)_DSC5630.jpg

2020/4/8 №21
30/171 ● アオバズク

171_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟の世界)_DSC6282.jpg

2020/4/8 №22
30/175 ● アオバズク

175_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟のしぐさ_1_DSC6521.jpg

2020/4/8 №23
30/176 ● アオバズク

176_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟のしぐさ_2_DSC6735.jpg

2020/4/8 №24
30/177 ● アオバズク

177_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟のしぐさ_3_DSC6806.jpg

2020/4/8 №25
30/178 ● アオバズク

178_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟のしぐさ_4_DSC6869.jpg

2020/4/8 №26
30/179 ● アオバズク

179_(2018)_30-07-26_アオバズク_幼鳥兄弟のしぐさ_5_DSC6922.jpg

ハリオアマツバメの捕食

2020/4/8 №10
30/153 ● ハリオアマツバメ_1

初めて「ハリオアマツバメ」の撮影に挑戦。
飛翔スピードがすごく速く「難しい撮影」でした。
以下の画像は数百枚撮影の中から抽出したものです。

153_(2018)_30-07-20_ハリオアマツバメ(飛翔)_DSC0990.jpg

2020/4/8 №11
30/154 ● ハリオアマツバメ_2

154_(2018)_30-07-20_ハリオアマツバメ(口開けて飛翔)_DSC1852.jpg

2020/4/8 №12
30/155 ● ハリオアマツバメ_3

155_(2018)_30-07-20_ハリオアマツバメ(飛翔)_DSC2103.jpg

2020/4/8 №13
30/156 ● ハリオアマツバメ_4

156_(2018)_30-07-20_ハリオアマツバメ(水面からの飛翔)_DSC2555.jpg

2020/4/8 №14
30/157 ● ハリオアマツバメ_5

157_(2018)_30-07-20_ハリオアマツバメ(口開けて飛翔)_DSC2553.jpg

2020/4/8 №15
30/158 ● ハリオアマツバメ_6

158_(2018)_30-07-20_ハリオアマツバメ(水面からの飛翔)_DSC1697.jpg

芝桜と残雪の羊蹄山

2020/4/8 №5
30/118番 ● 芝桜と残雪の羊蹄山 1

三島さんの素晴らしい「芝桜公園」を堪能させて頂きました。
三島さんは個人で、この公園を創作され大勢の観光客が鑑賞されています。
有難うございました。

30-118_(2018)_30-06-04_芝桜と残雪の羊蹄山(雲合成1)_KKK9023.jpg

2020/4/8 №6
30/119番 ● 芝桜と残雪の羊蹄山 2

三島さんの素晴らしい「芝桜公園」

119_(2018)_30-06-04_芝桜と残雪の羊蹄山(雲合成2)_KKK8984.jpg

2020/4/8 №7
30/120番 ● 芝桜と残雪の羊蹄山 3

120_(2018)_30-06-04_芝桜と残雪の羊蹄山_KKK8993.jpg

2020/4/8 №8
30/122番 ● 芝桜と残雪の羊蹄山 4

三島さんの素晴らしい「芝桜公園」

122_(2018)_30-06-04_菜の花と残雪の羊蹄山_KKK8723.jpg

2020/4/8 №9
30/124番 ● 芝桜と残雪の羊蹄山 5

三島さんの素晴らしい「芝桜公園」

124_(2018)_30-06-04_菜の花と残雪の羊蹄山_魚眼_KKK8836.jpg

壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空

2020/4/8 №1
30/114番 ● 壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空 1

壮瞥公園から残雪の羊蹄山と星景を楽しむ。
100枚比較明合成画像

114_(2018)_30-05-22_壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空(100枚比較明合).jpg

2020/4/8 №2
30/115番 ● 壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空 2

壮瞥公園から残雪の羊蹄山
100枚比較明合成画像(PhotoShop不透明度処理)

115_(2018)_30-05-22_壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空_100枚(比較明合成_不透明度調整).jpg

2020/4/8 №3
30/116番 ● 壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空 3

壮瞥公園から残雪の羊蹄山
200枚比較明合成画像"

116_(2018)_30-05-22_壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空_200枚(比較明合成).jpg

2020/4/8 №4
30/117番 ● 壮瞥公園の残雪羊蹄山と天空の星空 4

壮瞥公園から残雪の羊蹄山
月齢6-静止画

117_(2018)_30-05-22_壮瞥公園の残雪羊蹄山と満点の星空_KKK8345(月齢6.jpg

宮島沼の風景

2020/4/7 №12
30/077番  ● 宮島沼の風景_1

天空を朝日が染まり始めたころ、」一斉に「塒発ち」で壮大な光景が眼前に繰り広げました。

077_(2016)_28-04-20_マンガンの乱舞_KOK3448.jpg

2020/4/7 №13
30/078番  ● 宮島沼の風景_2

これは朝日が出ないときの「塒発ち」ですが、シャッターのタイミングが遅れ撮影したものです。眼前に向かってくるような錯覚に
に陥りました。

078_(2016)_28-04-20_マンガンの乱舞_KOK6095.jpg

2020/4/7 №14
30/079番  ● 宮島沼の風景_3

太陽が彼方に沈んだ後に「壮大な夕焼け」が展開された場面です。(動画撮影が間に合わず断念する)

079_(2016)_28-04-21_宮島沼の夕日_KOK6010.jpg

早春のルリビタキ

2020/4/7 №11
30/073番 ● 紫ツツジとルリビタキ

「ルリビタキ♀(?)」の姿がわかりますか?

073_(2016)_28-05-09_ルリビタキ_KOK1538.jpg

2020/4/7 №12
30/074番  ● ルリビタキ

「ロープのオブジェクト」に飛来、背景も淡いグリーンに覆われ
私の好きな構図でした。

074_(2016)_28-05-06_ルリビタキ_KOK1479.jpg

磯谷高原の星景

2020/4/7 №10
30/067番 ● 磯谷高原の星風景

磯谷高原からの星景撮影。
撮影150枚を「PhotoShop」で合成する画像の透明度を変化させて比較明合成した画像です。
「星の軌跡を流れ星のように表現」してみました。

067_(2017)_29-09-15_磯谷高原の美.jpg

2020/4/7 №11
30/068番 ● 磯谷高原の星風景

磯谷高原からの星景撮影。
撮影100枚を「PhotoShop」で合成する画像の透明度を変化させて比較明合成した画像です。
「星の軌跡を流れ星のように表現」してみました。

068_(2016)_28-09-26_羊蹄山と星空の風景).jpg


金毘羅宮の星景

2020/4/7 №12
30/066番 ● 金比羅岬の星風景

初山別「金比羅神社」の鳥居を前景に星景撮影。
撮影80枚を「PhotoShop」で合成する画像の透明度を変化させて比較明合成した画像です。
「星の軌跡を流れ星のように表現」してみました。

066_(2016)_28-08-24_金比羅岬神社の夕焼け風景.jpg

2020/4/7 №10
30/069番 ● 金比羅岬の星風景

初山別「金比羅神社」の鳥居を前景に星景撮影(撮影日は別日)。
撮影80枚を「PhotoShop」で合成する画像の透明度を変化させて比較明合成した画像です。
「星の軌跡を流れ星のように表現」してみました。

069_(2016)_28-08-24_金比羅岬神社の星景_コンポジット_100枚_初山別.jpg


磯谷高原の星景と雲海

2020/4/7 №7
30/063番  ● 磯谷高原の天の川

磯谷高原から羊蹄山と天の川を狙いました。天の川は通常現像(天の川現像)
したもので視覚したような現像が出来ませんでしたが、素晴らしい天の川でした。

063_(2015)_27-07-17_羊蹄山と天の川.jpg

2020/4/7 №8
30/064番 ● 磯谷高原の羊蹄山と雲海

磯谷高原からの「羊蹄山と雲海」です。雲海の始まりは小規模
でしたが、撮影足元までに広がる大規模な雲海に成長しました。
雲海の流れ・変化等素晴らしい一時を楽しみました。

064_(2015)_27-08-21_磯谷高原と雲海_KOK6729.jpg

2020/4/7 №9
30/065番  ● 磯谷高原の天の川

磯谷高原からフィッシュアイレンズで撮影
通常現像で処理。高原から夜の羊蹄山を望みながの星景撮影は非常に楽しいものです。

065_(2015)_27-07-16_磯谷高原から羊蹄山・北斗七星を望む_KOK4570.jpg




早春のキビタキ

2020/4/7 №2
30/055番 ● キビタキ_1

大きな「オブジェクト」にとまり、カメラに向きを変えることを
期待しましたが、なかなか向いてくれませんね。

30-055_(2013)_25-05-24_キビタキ_DSC0153.jpg

2020/4/7 №3
30/057番 ● キビタキ_3

早春の「ツツジのオブジェクト」の若葉を背景にくつろぐ姿です。

30-057_(2013)_25-05-24_キビタキ_DSC1560.jpg

2020/4/7 №4
30/058番 ● キビタキ_4

開花桜のベストポジションに飛来してくれましたが、お尻向きに
とまりカメラに向いてくれません。桜の花と並んでくれることを
:楽しみに待ちますが・・・

30-058_(2013)_25-05-24_キビタキ_DSC2354.jpg

2020/4/7 №5
30/059番 ● キビタキ_5

新緑の盆栽松の木に飛来、ファインダーから見るその光景は
素晴らしものでしたね。(カメラの液晶でみると更に色彩が良かったものです)

30-059_(2013)_25-05-24_キビタキ(編集)_DSC2584_1.jpg

2020/4/7 №6
30/060番 ● キビタキ_6

こちらは「岩石のオブジェクト」へ飛来、カメラを見ているのか
どうかは、わかりませんがジートこの表情でみていましたね。

30-055_(2013)_25-05-24_キビタキ_DSC0153.jpg

ツツジととカワセミ

2020/4/7 №1
30/054番 ● カワセミと早春のツツジ_2

ツツジは開花前ですが、その枝の先端にとまり、しばしの
休憩でしょうか?カワセミの重みで小枝が揺れる情景も
いいものです。

30-054_(2013)_25-05-08_カワセミ_DSC9526.jpg

カイツブリ

2020/4/6 №20
2020/4/6 №20
湖面が「鏡」のような状態の中で「逆さ樹林等」が反映される
中を「カイツブリ」が遊泳し、その波長がだんだんと大きくなっ
て、非常に美しい風景となっていました。

30-051_(2016)_28-04-25_湖面のカイツブリ_2_KOK6673.jpg

2020/4/6 №21
30/051番 ● 河畔の風景とカイツブリ_2

30-052_(2016)_28-04-25_湖面のカイツブリ_3_KOK6670.jpg

2020/4/6 №22
30/052番 ● 河畔の風景とカイツブリ_3
30-050_(2016)_28-04-25_湖面のカイツブリ_1_KOK6664.jpg

エゾリスとエゾエンゴサク

2020/4/6 №11
30/035番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_1

30-035_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_1_KOK6176.jpg

2020/4/6 №12
30/036番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_2

30-036_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_2_KOK6185.jpg

2020/4/6 №13
30/037番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_3

30-037_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_3_KOK6211.jpg

2020/4/6 №14
30/038番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_4

30-038_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_4_KOK6215.jpg

2020/4/6 №15
30/039番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_5

30-039_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_5_KOK6221.jpg

2020/4/6 №16
30/040番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_6

30-040_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_6_KOK6222.jpg

2020/4/6 №17
30/041番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_7

30-041_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_7_KOK6223.jpg

2020/4/6 №18
30/042番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_8

30-042_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_8_KOK6226.jpg

2020/4/6 №19
30/043番 ● エゾリスとエゾエンゴサク_9

30-043_(2016)_28-04-22_エゾリスとエゾエンゴサク_9_KOK6229.jpg


「エゾリスの貯食(オニグルミ」

28/639: エゾリスの貯食_その1

例年9月中旬になるとリスは青々した「オニグルミ」
を貯食します。この行動がとても優雅に見えました。

画像


28/640: エゾリスの貯食_その2

画像


28/641: エゾリスの貯食_その3

画像


28/643: エゾリスの貯食_その4

撮影時間はAM 7時頃で朝露が朝陽に反射し、とても綺麗な
光景でした。

画像

カワセミ

30/159 ● カワセミ_1

ブレ覚悟で「ISO 400:S 1/40」カメラぶれに注意して撮影。
元画像は「毛並み:毛先」が鮮明に取れました。
留まりものですが「私の好きなカワセミ」の構図です。

画像


30/162 ● カワセミ_2

この画像もブレ覚悟で「ISO 400:S 1/40」カメラぶれに注意
して撮影。元画像は「毛並み:毛先」が鮮明に取れました。
留まりものですが「飛び物より好きな」構図です。

画像


30/125番 ● カワセミ_3

画像


30/126番 ● カワセミ_4

画像


30/127番 ● カワセミ_5

画像


30/129番 ● カワセミ_6

画像


30/134番 ● カワセミ_7


湖面の「グリーン写り」をいれて「IOS 400 ::S 1/40」で撮影。

画像


 
30/136番 ● カワセミ_8

前面に樹木葉の揺れを入れて撮影。
「ISO 500 : S 1/80」

画像


30/137番 ● カワセミ_9

レンズを引いて飛び込みを狙いました。

画像


30/140番 ● カワセミ_10

前面に樹木葉の揺れを入れて撮影。
「ISO 500 : S 1/80」

画像


30/141番 ● カワセミ_11

画像


30/142番 ● カワセミ_12

画像


30/143番 ● カワセミ_13

画像


30/144番 ● カワセミ_14

画像


30/145番 ● カワセミ_15

この画像もブレ覚悟で「ISO 400:S 1/40」カメラぶれに注意して撮影。
元画像は「毛並み:毛先」が鮮明に取れました。

画像


30/146 ● カワセミ_16

画像


30/147 ● カワセミ_17

画像

金比羅神社と夕陽と風景

27/251: 金比羅神社鳥居と夕陽

天気良し・夕焼け良し・星空よし・夕食良しの「良し尽くめ」
で楽しい撮影でした。こんな素晴らしい光景に初めて出会う
「高揚感」が最高潮でした。

画像


27/252: 金比羅神社鳥居と夕陽・利尻富士を望む

金比羅岬も「日が沈み」星空のお出ましです。レンズを
「魚眼16㎜」に変えて撮影。右の明かりは「オロロンライン
遠別の灯」志田、左の明かりは「初山の明かり」です。

画像

27/253: 初山別・みさき公園のの早朝

早朝の利尻富士。朝もやの中に「漁船が出漁」する光景は
何か「安堵感」が伝わってきましたね。

画像


27/254: 金比羅神社鳥居から夕陽の天売・焼尻を望む

夕方は雲も多く「夕焼けは期待出来ないな・・」と、その時
「突如として雲間に夕陽が」出現、慌ててカメラを持ち出し
連写、この素晴らしい光景が撮影出来ました。
(その後一瞬にして曇り空に)

画像


27/255: 金比羅神社鳥居から利尻岳を望む

お陰様で「この光景」の撮影が出来ました。今でも、この光景
が目に浮かぶほど素晴らしい夕景でした。

画像


28/605: 金比羅神社鳥居と夕陽

画像


28/606: 金比羅神社鳥居と夕陽

画像


28/607: 金比羅神社鳥居と夕陽

画像


28/608: 金比羅神社鳥居と夕陽

画像


28/610: 金比羅神社鳥居と星風景

画像


28/611: 金比羅神社鳥居と星風景

画像


28/612: 初山別・みさき台公園の朝陽

画像


28/614: 初山別・みさき台公園の朝陽

画像

エゾリスの曲芸

29/234番 「リス君の曲芸」の1
撮影に大変でした。動きが素早くて振り回されようやく撮影
することが出来ました。
こちらに向かってきそうな気配。

画像


29/235番 「リス君の曲芸」の2

画像


29/236番 「リス君の曲芸」の3

画像

クマゲラの活動

30/021番 ● クマゲラ_1
ある野鳥を求めて散策中偶然にも目の前に「クマゲラ」が
飛来、慌てたので「レンズをひく」ことも出来ず撮影。

画像


30/022番 ● クマゲラ_2

画像


30/023番 ● クマゲラ_3

画像


30/024番 ● クマゲラ_4

画像


30/025番 ● クマゲラ_5

画像

ハヤブサの飛翔

30/001番  ● ハヤブサの飛翔_1

ハヤブサが「この岩石」から飛翔するのを狙い運よく連写できました。
以下は連写した3枚です。

画像


30/002番  ● ハヤブサの飛翔_2

画像


30/003番  ● ハヤブサの飛翔_3

画像


30/004番  ● ハヤブサの飛翔_4

画像